中央区の中古マンションを購入するメリットとデメリット

東京都中央区の中古マンションは、都心3区の中ではもっとも安いといえますが、それでも銀座・人形町・八重洲エリアのマンションは非常に高額な金額で取引されております。さらに、月島・佃・晴海エリアも東京都中央区のマンションにはなりますが、こちらは前のエリアとは違ってそこまで高額な金額では取引されておりません。特に晴海エリアは東京駅から3キロのエリアにありながら、坪300万平均とこの都心3区の中ではもっとも安い値段で取引されております。3LDKで6000万円台からありますので、サラリーマンでも十分手が届く範囲にあるといえます。今回は、このエリアで中古マンションを購入するメリットを中心に説明していきます。また、最後にはデメリットも説明していきます。

晴海エリアのマンションを購入するメリット

晴海エリアのマンションは、駅からは非常に遠いですが東京駅から3キロメートルととても近いところにあります。この駅から遠いせいでかなり安く放置されていますが、今後東京五輪などでBRTや地下鉄の整備が計画されています。つまり、このエリアのマンションを購入すると交通の利便性が上がり資産性が上がる可能性が非常に高いことが上げられます。これが最大のメリットといえるでしょう。逆にデメリットを上げるとなると、将来的には利便性が上がり資産性は向上するかもしれませんが、現在は駅から遠くそして商業エリアも近くにないので利便性が高いとはいえません。将来の資産性の向上は見込めていても現状が不便なところで生活するのを我慢しなければならないことが最大のデメリットといえるかもしれません。

その他のエリアのマンションを購入するメリットとデメリット

東京都中央区のその他のエリアのマンションを購入するメリットは、仕事場から近くのところに住めてなおかつ商業エリアの近くに住むことができますので、とても利便性の高いところに住めるメリットが上げられるでしょう。特に夫婦共働きで住んでいれば、お金は少しぐらい高くても利便性に高いところに住めるのは非常に大きなメリットといえるでしょう。逆にデメリットは、当然のことながら中古マンションを購入する金額が非常に高いことが上げられます。坪500万平均以上する中古マンションが多くあります。3LDKになれば1億円近い買い物になります。このように、通常のサラリーマンだとなかなか手が届かない金額になりますので、晴海エリアのように一定の我慢をして将来の利便性の向上を期待するのも一つの手でしょう。