サービスや機能や条件からピッタリの中古マンションを中央区で

東京都中央区の中古マンションは、二つのパターンに大きく分かれます。まずは、銀座エリアや人形町エリアなどのマンションになります。こちらのマンションは敷地がそこまで大きく取れませんので、大規模マンションを作ることができません。従ってそこまでサービスが多くあったりはしません。それに比べて晴海エリアのマンションは、大規模マンションが多く存在しています。また、駅から遠いこともあってシャトルバスなどもあったりしております。また、大規模マンションならではのサービスが多く存在しております。色々なサービスも大規模マンションでは分割して払うことができますので、そこまで大きな負担にはなりません。今回は、この大規模マンションのサービスや機能を中心に説明していきます。

晴海エリアの中古マンションの将来性

東京都中央区の晴海エリアのマンションは、この数年立て続けに建築されました。どれも1000戸級のマンションばかりで大きな敷地に高い高層マンションができております。この地域の特徴として駅から遠いことが上げられます。従ってすべてのマンションでシャトルバスがついております。シャトルバスは天気が悪いときにはとても便利なものになります。また、このエリアは、現在は駅から遠く不便な場所になりますが、今後はBRTシステムの計画などがされております。これはバスですがバス専用道路を作り電車のような感覚で使えるようにするものになります。また、地下鉄の計画などもされておりますので今後この交通の便が悪くなるという点は徐々に解消されていきそうですので、資産性の向上に期待できるでしょう。

晴海エリアの中古マンションの特徴

東京都中央区の晴海エリアの中古マンションは、現在は坪300万円程度で取引されております。すべて大規模なマンションですので立派な共有施設があったりします。また、各マンションで基本的なサービスや機能は入っております。ディスポーザーや床暖房など最新の設備がすべて備わっているマンションばかりになります。現状は、駅から遠いですが、その点に関しては天気が悪いときはシャトルバスを使えばいいですし、天気がいい日は歩いてもそこまで距離があるわけではありません。このエリアは海に面していますので、とても開放感にあふれているところですので、歩くのも気持ちがいいところといえるでしょう。先ほども書きましたが、資産性の向上にも十分期待できますので、買っても損をするということはなかなかないエリアともいえるでしょう。